文字サイズ
  • 福岡市スポーツ協会トップページ
  • よくあるご質問
  • リンク集
  • サイトマップ
  • お問い合わせ


  • 福岡市 レンタルスタジオ・レンタルスペース

  • バナー広告募集中。詳細はこちら。
ホームこどもスポーツ ≫ 福岡市スポーツ少年団

こどもスポーツ

  • 福岡市スポーツ協会 賛助会について

  • 福岡市スポーツ協会 Facebook

  • バナー広告
  • バナー広告
  • バナー広告
  • バナー広告
  • バナー広告募集中。詳細はこちら。

福岡市スポーツ少年団

福岡市スポーツ少年団とは?

 本市スポーツ少年団は本部事業として「宿泊交歓会」「ヨット体験教室」「スケート体験教室」を実施しております。
 また、福岡市スポーツ少年団モデルクラブ育成事業として、1年間に10種目程度のスポーツをシーズンごとに分けて活動する、いわゆる複合種目型スポーツクラブ「チャレンジジュニアスポーツクラブ」を実施しております。

宿泊交歓会 

 「宿泊交換会」は団員相互の親睦を図り、スポーツ少年団の認識と意義を深めようというもので、九州圏内の宿泊施設を利用し、一泊二日の宿泊研修を実施しております。毎年、約100名が参加し、豊かな自然とたくさんの仲間に囲まれて、団体生活のマナー等を学んでいます。 

 ヨット体験教室 

 「ヨット体験教室」は、本市の西側に位置する『福岡市ヨットハーバー』で夏休み期間に実施するものです。真っ黒に日焼けした団員たちは、豊かな水と自然に包まれ、おおはしゃぎです。 

  スケート体験教室

 「スケート体験教室」は、本市スポーツ少年団発足当時より計画され、毎年、約100名が参加し、ウィンタースポーツの王道「アイススケート」を楽しんでいます。

  チャレンジジュニアスポーツクラブ 

 「チャレンジジュニアスポーツクラブ」は、福岡市全域から小学4年生~6年生の40名を募集し、多くの仲間がシーズンに応じた様々なスポーツにチャレンジしています。

沿革

設立 1963(昭和38)年7月 福岡市体育協会スポーツ少年団本部を設立
歴代本部長
1963(昭和38)年 ~ 1988(昭和63)年 大神 健太郎
1989(昭和64・平成元)年 ~ 1990(平成2)年 日下部 國巳
1991(平成3)年 ~ 2002(平成14)年 前田 毅
2003(平成15)年 ~ 2010(平成22)年 千代島 隆利
2011(平成23)年 ~ 2012(平成24)年 武田 健児
2012(平成24)年 ~ 現在 猪口志 曻
沿革 1962(昭和37)年6月23日のオリンピックデーを期し、(財)日本体育協会50周年記念事業として日本スポーツ少年団が創設されました。
福岡市(以下、本市と記す)に於いても1963(昭和38)年本市体育協会にスポーツ少年部を設置。福岡市スポーツ少年団本部が発足しました。
1964(昭和39)年3月、福岡市長よりスポーツ少年団旗が授与され、5団体の登録で動き出しましたが、登録団数が続々増え、同年10月10日の東京オリンピック夏季大会に
向けた聖火リレー(9月16日~17日の2日間にわたる)には、スポーツ少年団より正走者2名、副走者9名が参加し、その存在をアピールしました。
1982(昭和57)年、本市体育協会20周年時には団数89団、種目20、団員数2,900名 、指導者250名の組織に成長しました。
しかし、近年では子どもたちのスポーツ離れ、少子化等さまざまな社会現象と相俟って登録団数、団員数ともに減少傾向が続いています。
【平成26年度  団数70団、種目13、団員数1,143名、指導者数176名。】

平成26年度 福岡市スポーツ少年団 事業方針

 「21世紀を担う子どもたち」へのスポーツ環境の醸成を積極的に推進するため、少年スポーツの中核を担っているスポーツ少年団に対する理解と認識を高めるとともに、スポーツ少年団本部事業の充実を図るなど、魅力ある展開とともに拡充に努めます。

(1)本部事業の内容の充実に努める。
(2)指導者の育成と資質の向上に努める。
(3)少年スポーツ交流大会事業の充実に努める。
(4)既存のジュニアの各種スポーツ団体との連携に努める。
(5)広報活動を積極的に進める。